スタッフブログ

【地産地消野菜で地元を元気に!】新鮮で美味しい相模原の野菜♪

こんにちは!ブログ担当、スタッフの阿部です。

実は私、お店に立つ以外は畑に行き、農家さんたちに混ざって畑作業をしています!

オープンしてから、はや4か月が経ち、畑での作業も慣れてきました。

しかし、まだまだ知らないことが多い・・・

今日は地元・相模原のお野菜の紹介したいと思います!

【相模原の新鮮で美味しい野菜①】食べる人、作る人、みんな笑顔♪

地元・相模原産にこだわった理由は・・・?

エバーグリーンカフェがリニューアルするにあたって、野菜、というだけではなく、地元相模原の野菜・地産地消に注目しました。こんなに豊かな土壌があり、美味しい野菜もたくさん収穫できるのに、地元野菜が食べられるお店が少ないと気が付きました。

店長とスタッフで掲げたコンセプトに

「食べる人、作る人、みんな笑顔」

というのがあります。

これは、お客様はもちろん、農家さんや私たちスタッフがみんな笑顔になれるお店、ということです。そのために、実際にスタッフが畑に行き、農家さんに野菜の育て方や美味しい調理法などをレクチャーしてもらいます。

ときには、38度を超える気温の中(今年の夏は特に暑かった!)汗を流しながら茄子やきゅうりの収穫を手伝ったりしました。

こうして収穫した野菜の味は、格別!地産地消、実際に畑仕事を経験するからこそ、野菜に対する思いは、どこのお店にも負けません!

【相模原の新鮮で美味しい野菜②】堀りたて、採れたて♪‘土付き`でお店へ・・・

実は美味しい、人参の●●●!?

https://www.instagram.com/p/BtP29j0g_m_/

エバーグリーンカフェが現在、取引している農家さんは、相模原や津久井などの、自然豊かな土地に畑を持ち、毎日パワフルに活動している方たちばかりです。

自分たちで直売所を経営し作物を販売したり、地元の小学校に卸していたり、様々です。

今年は、梅雨が長引いてしまい、その後の気温が40度近い中こともあり(作業中の体感温度は本当に40度でした!)残念ながら枯れてしまった作物や、うまく実をつけられなかった作物などもあったそうです。

そして先日、関東地方を襲った台風15号。大きく実った作物は地に落ちてしまい、茎から折れ、畑の被害は相当なものでした。

「こればかりは、自然相手だから」

と農家さんたちは口をそろえて言います。

しかし、そんな傷がついて出荷できなかった野菜たちも、味は変わることなく、本当に美味しいんです!そんな出荷枠から外れてしまった野菜も、捨てることなく、美味しく調理し、エバーグリーンカフェのお野菜メニューとして提供しています。

お店で地元の野菜を使った食事やデザートを提供し、地元の農家さんたちに貢献したい・・・まさに、ここから新・エバーグリーンカフェがはじまったのです。

店長が収穫!採れたて人参!

実は・・・・普段捨てられてしまう部分も、美味しく食べることができるんです!

出荷や成育過程で捨てられてしまう部分も、食べられるとわかってから、エバーグリーンカフェでは「捨てない」を目標にしています。

例えば、ズッキーニの花芽。咲く前のつぼみの状態を収穫します。こちらは、素揚げにしてカレーに入れていました。ほんのり甘みがあります。初夏限定でしたが、あっという間に完売!皆さん「ズッキーニの花は初めて見た!食べられるんだ」と驚いたご様子・・・。

そして、もう一つは人参の葉。

わざわざ葉を切ってからお店に並ぶものを、そのまま葉っぱが付いたままで!仕入れます。もちろん、葉っぱも食べられるんですよ!パセリの代わりや、リゾットの上に素揚げにして飾ったり・・・採れたてだから、やっぱり香りが違うんです♪

このように、どうしたら野菜を捨てることなく、丸ごと美味しく食べることができるのか、毎日模索しています。

野菜の食べ方は無限大!美味しい野菜を食べるなら、エバーグリーンカフェ!

毎日変わる、本日のお野菜ラインナップ♪

季節や天候によっても、仕入れる野菜の種類や量が違ってくるので、毎日同じ野菜は出せません。その時期の本当に美味しい野菜を、農家さんから直に仕入れます。実際に畑に入り、種まきから間引き、収穫もお手伝いします。

美味しい地元・相模原の野菜を、身近に感じて、美味しく食べてもらいたい・・・エバーグリーンカフェ、スタッフ全員の想いです!

当店では17時からのディナータイムで、地元野菜を使った野菜のカルパッチョや、限定パスタ、フレーバーが選べるフライドポテトなど、お酒にもよく合う食事をご用意しています。

美味しい野菜を食べたくなったら、ぜひエバーグリーンカフェへ!

お席のご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。